シール印刷のコストを抑えたいならコスタへ

完全データ作成ガイド GIMP編

n_irare1
上のようなシールのデータを作成するには?
絵のまわりを囲った青線をカット線とする場合・・・
GIMP_guide1
作りたいシールの形で選択範囲を作り、選択範囲を反転させます。
GIMP_guide2
新規レイヤーを作成します。
カット線に使われるレイヤーだと分かるように「カット線」などの名前をお付け下さい。
この時「レイヤー塗りつぶし方法」は透明を選んでください。
そのまま、選択範囲を描画色で塗りつぶしてください。
色の指定はRGB値でもCMYK値でも構いません。
GIMP_guide3
背景レイヤーを不可視にしたところです。
カットレイヤーの可視範囲がそのままステッカーの形になります。
※この例ではイラストのまわりに塗り足しを付けて作成しています。
この場合には必ずカット線の外側に0.5mmの塗り足しを作成してください。

その他のご注意点

・シール1枚分のデータを作成してください。(バラエティシールの場合は、シール1組分)
・ファイル名は半角英数字でお願いします。(日本語のファイル名だと文字化けしてしまいます。)
・保存形式をpsdで保存します。保存の際にファイルタイプを「Photoshop画像」を選択して保存してください。
・製作する際CMYKに変換しますが、印刷後の色味が変わってしまう場合がありますのでご了承ください。※①
・解像度は300dpi以上をお勧めします。解像度が低いと荒い仕上がりになってしまう事があります。※②
・カット線のサイズがご注文時のサイズと同じになるよう作成してください。
・シートのサイズはA4ですが、デザイン可能な範囲は180×260mm以内となります。

解像度

Other_guide3

お気軽にお問い合わせください FAX 011-351-5393 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日・第2第4水曜日を除く ]

営業日カレンダー

image
image

uketsuke

Count per Day

  • 355512総閲覧数:
  • 105今日の閲覧数:
  • 392昨日の閲覧数:
PAGETOP
Copyright © コスタ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.